煩わしい賃貸管理は専門家が請け負ってくれる時代

価値がゼロになりません

間取り

投下資金が回収できないことに不安を覚え、投資に躊躇っているようであれば、不動産投資をすることをお勧めします。なぜならば、不動産投資をする際に投資対象となる中古ワンルームマンションや1棟アパート、オフィスビル等は、株式と異なり、その価値がゼロになることがないからです。建物は劣化していきますが、土地は劣化することがありません。建物を取り壊して更地にして売却するということもできますし、古い建物を取り壊して、新たな建物を建設するということもできます。建物が使いものにならなくなっても、その先の選択肢はいくつか用意されているのです。しかも、不動産の場合、その資産価値は常に示されているわけではありません。所有者である自分自身が査定に出したり、売却の依頼をしない限り、価格は見えてきません。つまり、株式とは異なり、日々、価格がガラス張りになっているわけではないのです。そのため、毎日の価格の上げ下げに一喜一憂することなく、どっしりと構えて投資をしていられます。不動産投資を始めてみればわかりますが、契約が終わり、家賃が振り込まれ始めると、購入した投資物件の価値そのものはあまり気になりません。家賃がしっかりと入ってきているかどうかということに意識が向きます。必要以上に資産価値に執着しないということは、不動産投資のメリットと言えます。日々の値動きを気にしたくない人や価格を追っている時間がないような人には不動産投資が適しています。